<ナイロンアジャスターの付け方>

まずこちら「コキ」と呼びます。ギザギザは滑り止めで、これががついている方が裏です。
アジャスターテープにコキとテープ留めを通します。
先は3〜4cmほどの残しておきます。

 


テープの長い方をカメラの吊り金具に通し、テープ留めでまとめます。
最初に3〜4cm残しておいた短い方のテープを、画像のようにテープ留めに挟みます。

 


テープの長い方をコキに通します。

   


先をストラップの金具に通し、コキに通します。

   

これで完成。この形になっているか確認してください。






<縫いつけタイプのアジャスターの付け方>

コキの滑り止めの方向を確認したら、テープをコキ→テープ留め→カメラ→テープ留めの順に通します。

  

表面の方のテープを少し浮かせます。
その内側を遠い方から手前に通し、テープ留めに挟んで完了です。