工房 絲(su-)について
アトリエ・スーは、カメラという視点から 「モノ」「コト」を創造する工房です。
日常を彩りよく写してくれるカメラのためのストラップやバッグなどの小物から、カメラがあるからこそ楽しめる写真教室や
撮影会といったお出かけの機会など、あらゆる「カメラのある生活」を楽しんで頂けるようプロデュースしています。



■ 「モノ」づくり
 工房 絲(su-)のカメラ雑貨は、使う人を想像するところから始まります。
どんな人が、どのように使うのか、そのカメラはフィルムかな、デジタルかな、ミラーレス、フルサイズ?どんな写真を撮る人なのだろう。
 我々が大切にしていることは2つあります。ひとつは、カメラより前に出ないこと。以前、あるメーカーのカメラデザインのお仕事に携わった時、
たくさんの制約がある中でいかにスタイリッシュで使い易いカメラのデザインとするか、試行錯誤されているのを近くで見せていただきました。
カメラの本来の存在を大切にし、謙虚に、カメラを引き立てるデザイン、カメラを持つ世界を彩るデザインを目指しています。
 もうひとつは「機能性」の重視。かわいいだけではなく、カメラと使う人を守れる耐久性。公的な検査機関に出し、引っ張ったりこすったり
しながら、どれくらいでどこから破損するのかを調べています。弱すぎてはカメラが落ちる、強すぎては使う人を危険に晒すこともある
ということを常に意識しています。
 そして、使いやすい、あるいはお洗濯など維持しやすいデザインであること。使い捨ての時代はもう終わりました。良いものを長く使っていただける
特別な作品を生み出したいという思いを持っています。

■ 「コト」つくり
 工房 絲(su-)は、「のんびりフォトレッスン」という写真教室と「フォトサークル」という撮影会を企画運営しています。
 おしゃれなカフェで撮るラテや、旅行で撮る記念写真もカメラの楽しみ方ですが、のんびりフォトレッスンは月に1度、
フォトサークルは季節の良いときにカメラを持ってお出かけするのも、カメラを持っているからこその楽しみ方。
同じ趣味を持つ、そこでしか会わない人とのコミュニケーションはとても軽くて心地いい。職場の人でもご近所さんでもなく、カメラや写真の話で
盛り上がる至福のひとときを過ごしていただける時間を作っていきたいと思っています。



■ 作家のこと
 現在7名の作家職人が在籍しています。工房 絲(su-)のカメラ雑貨は、「おあつらえ」の京都のものづくり文化を守りながら、職人の手で
ひとつひとつ丁寧に手作りしています。そのため、お待たせすることもございますが、MADE IN 京都 の洗練された深い味わいを、
どうぞ楽しんで下さい。

■ お店のこと
 工房 絲(su-)は実店舗を持っていません。何年か前に店舗を持ったとき、全国からたくさんの方が遊びに来てくださいました。それはとても
嬉しかったのですが、うちよりもお取引のある店舗さんの方へお越しいただきたいと願い店舗を閉店。取扱店はこちらからお調べいただけます。
店舗さんでは他ブランドの商品や、そのお店が実施されるイベントなど、楽しいことがたくさんございますので、ぜひ足をお運びください。

■ 業者・メディア関係者様
お取引、取材や貸し出しをご希望いただきます際は、メールフォームよりお願い致します。
折り返しご連絡させて頂きます。

素材と安全性につきまして
■ 絹
シルクとは、お蚕さんの繭から作った繊維です。
人のお肌と同じタンパク質で、適温・適湿を保ち、お肌に優しい機能性と軽くて滑らかな肌触り、美しい光沢を持っています。
自社で洗浄と色落ち止め加工を行っています。



■ そのほかの素材
 ヘンプとは麻のことです。麻といってもたくさんの種類がありますが、工房 絲(su-)では亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、大麻(ヘンプ)を
使っています。繊維を細かく砕いてから糸に績んでいますので、優しい肌触りに仕上がっています。強く、清涼感があり、防臭・抗菌効果に優れた
繊維です。加えてコットンであったり、ナイロンやポリエステルといった化学繊維も使います。
 生地は帆布などの綿製品は摩擦に強く、特にバッグ類の表布として使用します。綿と麻の混合生地は、カメラやレンズに良いとされている
湿度40〜50%を保つ機能性を持っていますので、特に内布として使用。緩衝材はウレタンを主にした様々な形状、厚みのものを用意し、
場所によって使い分けます。

■ お客様へ
□ 「ちぎれたりしませんか?」とお問い合わせ頂くことがございます。
永久的なものではございませんので、いつか必ずへたりはきます。
しかし、近年的な範囲で見ますと、鋭利な部分での摩擦、カメラストラップ以外の用途など、
想定外の理由を除いて、ちぎれや破損はございません。
しかし、命に関わるほどの強力な衝撃が加わると、人体を守る方を最優先していますので、金具が破損することもあります。
耐荷性につきましては、公的検査機関で検査を行い、充分な結果を得たものだけを販売しています。
 
□  万が一、工房 絲(su-)のカメラストラップがちぎれて、カメラが壊れたという事故がございましたら2年間の保証期間がございますので
ご連絡下さい。(保険会社による調査にご協力頂くことがございます。ご了承ください。)
一部のデザインで、小さいカメラ専用のデザインがございます。詳細はデザインページをご覧下さい。
 
□ 使っているうちに壊れた、ほつれた、などの故障が生じました場合は、どうぞご連絡下さい。できる限りお直しさせて頂きます。
中には糸がすり減って、修復が不可のな場合がございます。