工房 絲(su-)について
アトリエ・スーは、カメラという視点から 「モノ」「コト」を創造する工房です。
日常を彩りよく写してくれるカメラのためのストラップやバッグなどの小物から、写真教室や撮影会などのカメラを楽しめるお出かけの機会など、
あらゆる「カメラのある生活」を楽しんで頂けるようプロデュースしています。






■ 概念 Concept
使い手さんが安全に、心地よくお使いいただけるカメラ雑貨をつくることを一番に考えています。
素材選び、1本の糸が織りなす造形、色彩、手作りにこだわって、
たくさんの人たちの笑顔を育むブランドとなれるよう、精進したいと思っています。

■ 環境 Environment
工房 絲(su-)は京都の西山の麓にございます。
お客様には積極的にお取引店舗さんに行って頂きたいという思いから、工房 絲(su-)は店舗を持っていません。
実際に触れてみたいというお客様は、「取り扱い店舗のご紹介」ページに一覧がございますので、ぜひともお近くのお店にお越し下さい。

■ 作家 Creator
現在7名の作家職人が在籍しています。
工房 絲(su-)のカメラ雑貨は、「おあつらえ」の京都のものづくり文化を守りながら、
職人の手でひとつひとつ丁寧に手作りしています。
そのため、お待たせすることもございますが、
MADE IN KYOTOの洗練された深い味わいを、どうぞ楽しんで下さい。


■ 素材 Material
工房 絲(su-)で使う素材は麻(ヘンプ、ラミー、リネン)、そして絹(シルク)です。
生地では帆布(コットン)、革(牛本革)など、できる限り自然で身体に優しい素材を使っています。
しかし自然派原理主義者ではありません。
化学繊維への理解と敬意も持ちながら、素材選びからしっかりこだわって、より良い作品となるよう努力しています。

■ 業者・メディア関係者様 Client&Media
お取引、取材や貸し出しをご希望いただきます際は、メールフォームよりお願い致します。
折り返しご連絡させて頂きます。


素材と安全性につきまして
■ 絹 Silk
シルクとは、お蚕さんの繭から作った繊維です。
人のお肌と同じタンパク質で、適温・適湿を保ち、お肌に優しい機能性と軽くて滑らかな肌触り、美しい光沢を持っています。
自社で洗浄と色落ち止め加工を行っています。



■ 麻 Hemp
ヘンプとは麻のことです。
麻といっても、大麻、黄麻、亜麻など、たくさんの種類があります。
工房 絲(su-)ではシーンに合わせて使い分けていて、特にお肌に当たる部分に使用する麻は亜麻(リネン)や大麻を使っています。
繊維を綿レベルまで細かく砕いてから糸に績んでいますので、トロンと優しい肌触りに仕上がっています。
強く、清涼感があり、防臭・抗菌効果に優れた繊維です。

■ お客様へ Visitor
□ 「ちぎれたりしませんか?」とお問い合わせ頂くことがございます。
半永久的なものではございませんので、いつか必ずへたりはきます。
しかし、近年的な範囲で見ますと、鋭利な部分での摩擦、カメラストラップ以外の用途など、
想定外の理由を除いて、ちぎれや破損はございません。
耐荷性につきましては、公的検査機関で検査を行い、充分な結果を得たものだけを販売しています。
 
□  万が一、工房 絲(su-)のカメラストラップがちぎれて、カメラが壊れたという事故がございましたら2年間の保証期間がございますのでご連絡下さいませ。
(保険会社による調査にご協力頂くことがございます。ご了承ください。)
一部のデザインで、小さいカメラ専用のデザインがございます。詳細はデザインページをご覧下さい。
 
□ 耐久性の前に、
例えば、耐久テストでSpiral-SPは100kg、ララベルでは50kgを超えた数値が確認できています。
しかし、重いカメラを付けますと、肩にも負担がかかりますので、使い心地も考慮して、2kg、3kgの重いカメラにはララベルやストライプなどの幅広の物をお選びになる等の配慮が必要と存じます。
 
□ 使っているうちに壊れた、ほつれた、などの故障が生じました場合は、どうぞご連絡下さい。できる限りお直しさせて頂きます。